4DFF2021 今年度もオンラインにて開催決定いたしました!
Call for Paper はこちら
発表募集は2021年7月20日まで!発表募集詳細と発表申し込みフォームはこちら

About Conference on 4D and Functional Fabrication 2021

4DFF 2021 大会実行委員長:渡邊恵太(明治大学)、副実行委員長:藤井雅彦


「これまでの3D造形・再現技術を超えていく新しい価値創造を⽬指した研究・開発」の成果を発表するコンファレンス4DFF2021を概要で下記開催いたします。

この研究領域の発表・議論の場として 4DFF 研究会は、コンファレンス 4DFF2021 を下記要領にて開催いたします。

学生、技術者、研究者の皆様の積極的な発表申し込みをお待ちしています。

開催日時 2021年10月28日(木)・29日(金) 9:30〜17:00 *開催期間・時間は発表数により決定します
開催方法 オンライン開催 (Zoom ウェビナー他) *発表⽅法,聴講⽅法は詳細決定次第別途お知らせします
基調講演等 基調講演,招待講演を実施します(講演者選定中)
募集分野 「これまでの 3D 造形・再現技術を超えていく新しい価値創造を目指した研究・開発」に関する分野」
・マテリアルデザイン(材料,物性制御等) ・ハードウェア(3Dプリンタ等)・ソフトウェア(モデリング,シミュレーション,DfAM等)
・流通,SDGs ・オプティマイゼーション・表現・⽂化(アート,エンターテイメント等) ・⽣活(教育,⾐⾷住,健康,インフラ等)
・QOL ・たのしさ,うれしさ,おもしろさ
募集発表形式 *4DFF2021では,[⼀般発表] [ショーケース]の2つの形式で発表を募集します.各形式の優秀発表はコ ンファレンス開催後に発表,表彰いたします。
  • 一般発表4DFFに関する研究成果のオンラインでの⼝頭発表(Q&A込みで20分)
       申込方法 :発表内容を要約した500字以内のAbstractを提出.(発表までに4ページ以内の予稿を提出)
       申込締切 :2021年7月20日(火)17:00
  • ショーケース4DFFに関する研究成果の動画(2分以内)とoViceによる説明
       申込方法 :研究成果を要約した500字以内のAbstractを提出.(発表までに4ページ以内の予稿を提出)
       申込締切 :2021年7月20日(火)17:00
       *オンラインで研究成果物の紹介や、参加者との双⽅向のコミュニケーションができるよう実施⽅法を検討していますが(oViceなどのオンラインコミュニケーションツールの利⽤等)、⼀般発表と同様の形式(⼝頭での成果発表とQ&A)になる場合もあることを了解願います。
4DFF2021 発表申し込み詳細についてはこちら
参加費 *決定次第お知らせします
主催 4DFF研究会(日本画像学会) / 慶應義塾大学SFC研究所ファブ地球社会コンソーシアム 共催
お問い合わせ info@sig4dff.org

Keynote Speech

Tsukasa Takenaka Photo

竹 中 司 Tsukasa Takenaka

アンズスタジオ / アットロボティクス 代表取締役

Profile:
武蔵野美術大学修士課程修了後、同大学助手、講師を経て、2005-2008年、ブリティッシュコロンビア大学大学院客員講師。現在、慶応義塾大学及び東京藝術大学 大学院講師(非常勤)。2009年、世界に先駆けてコンピュテーショナル・デザインのスタジオ「アンズスタジオ」を岡部文と共同設立。2016年、ロボットを活用したDX技術を実践する「アットロボティクス」を設立。同代表取締役を務める。コンピュータとロボットを自由に且つ繊細に扱いながら、手の仕事を越えた新しい時代の「豊かさ」を創造する活動に取り組んでいる。

山中 俊治氏をキーノートスピーチにお招きして昨年開催した
「Conference on 4D and Functional Fabrication 2020(4DFF2020)」公式ウェブサイトはこちら
宮前 義之氏をキーノートスピーチにお招きして昨年開催した
「Conference on 4D and Functional Fabrication 2019(4DFF2019)」公式ウェブサイトはこちら
落合 陽一氏をキーノートスピーチにお招きして一昨年開催した
「Conference on 4D and Functional Printing 2018(4DFP2018)」公式ウェブサイトはこちら